引き直し計算は必要なのか

引き直し計算は必要なのか

引き直し計算は必要なのか?

引き直し計算をしなければいけないのか?

 

自分で過払い金請求をするなら、引き直し計算が必要です。

 

司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼するなら、引き直し計算はする必要なし。
司法書士や弁護士がやってくれます。

 

過払い金請求をするには、まず、過払い金を確定しなければなりません。

 

いくら払いすぎているのか、をはっきりさせるわけです。
過払い金を確定したうえで、貸金業者と交渉をします。

 

引き直し計算には、貸金業者と取引をした明細書が必要です。
その明細書をもとに法定金利で計算していきます。

 

明細書なんか、ほとんど捨ててしまった。

 

明細書は一部しか残っていない。

 

ほとんどの方は、明細書が揃っていないでしょう。
捨ててしまった、なくしてしまった、保管してあるがどこに仕舞ったか忘れたなど。
よほど几帳面な方でない限り、すべてをきちんと保管していないでしょう。

 

取引がわからないと計算ができないので、明細書がない場合は貸金業者から取引履歴を取り寄せます。

 

取引履歴の開示にすんなり応じてくれる業者もあれば、なかなか応じない業者もあるようです。
なんだかんだ理由をつけて、取引履歴を開示しない。
貸金業者は、「取引履歴を取り寄せるということは過払い金を計算するんだな」、とすぐにわかることでしょう。
貸金業者としては、過払い金を払いたくないので、取引履歴の開示を拒むわけです。

 

取引履歴を取り寄せたら、あとは引き直し計算。
過払い金計算のソフトもあるようなので、そちらを使ってみるのもよいでしょう。

 

司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼する場合は、自分で引き直し計算をする必要ありません。
司法書士や弁護士が貸金業者から取引履歴を取り寄せて計算してくれます。
貸金業者も、司法書士や弁護士が取引履歴を請求すれば、すんなりと開示するようです。

 

引き直し計算は必要なのか

 

引き直し計算は必要なのか まとめ

過払い金請求をする場合、引き直し計算で過払い金を確定しなければならない
貸金業者と取引をした明細書もとに法定金利で計算する
取引明細書がない場合は貸金業者から取引履歴を取り寄せる
司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼する場合は、自分で引き直し計算をする必要はない


ホーム RSS購読 サイトマップ