リスクがある過払い金請求

リスクがある過払い金請求

リスクがある過払い金請求

過払い金請求のリスクがあるのか?

 

リスクがある場合とない場合があります。

 

完済していない場合の過払い金請求は注意が必要です。

 

過払い金請求にはリスクがほとんどないように言われています。
しかし、実際には、リスクがある場合とない場合があるようです。

 

 

すでに完済している借金の過払い金請求

すでに完済している借金に過払い金がある場合、過払い金請求をしたほうがいいでしょう。
過払い金請求によるリスクはないと思います。
念のため、無料相談などで完済した借金の状況を説明し、リスクがあるかどうか聞きましょう。
リスクがなければ、急いで過払い金請求を(時効があるので)。

 

 

完済していない借金の過払い金請求

まだ完済していない借金に過払い金がある場合、リスクがあるかもしれません。
払い過ぎた利息を元金に充当し、過払い分があればよいのですが、過払い分がない場合は、任意整理という形になる可能性があります。
そうなれば、個人信用情報に記載されることになり、俗に言うブラックリストに載ってしまうわけです。

 

たとえブラックリストに載ったとしても借金が減額できれば良い、という方は、すぐにでも無料相談をうけ、過払い金がありそうなら返還請求をしましょう。

 

借金が減額できてもブラックリストに載るのはマズい、という方は、無料相談でリスクがあるか聞きましょう。

 

 

過払い金請求のデメリットやリスクとは?

過払い金請求とは、借金をしたさいに法定以上の金利を支払ってしまった場合に取り戻せるお金、つまり過払い金を借りていた相手に請求するというものです。過払い金は主に消費者金融などで発生していたものですが、法定以上の金利を設定された借金に関してすべてに当てはまるものです。この払い過ぎたお金は法的に支払う義務のないお金ですので、請求することで取り戻すことが可能です。
過払い金請求をするさいには、どれだけの過払い金が発生していたのかを証明する必要があり、それらが出来れば個人でも過払い金請求を行うことが可能です。ただし実際に個人が行っても取り合ってもらえるところは少ないのが現状で弁護士や依頼するのが一般的です。
一方で、過払い金請求を行うことで受けるデメリットも多くあります。ひとつは過払い金請求を一度でもした会社からは二度と借りることができないといったことです。明確な規定はありませんが審査に通るのは困難になります。また相応の金額が戻ってこないと費用の方が掛かって弁護士に支払うお金の方が多くなるリスクがあります。このため過払い金請求をするさいには、どの程度のお金が戻ってくるのかを十分に検討してから行う必要があります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ